下肢静脈瘤の治療

超音波(エコー)検査で静脈弁の逆流の程度を把握し、患者様お一人お一人に最適な治療方法をご提案し、ご相談させていただきます。

  • 重症:レーザー治療+微小切開静脈瘤切除 (Stab Avulsion)
  • 中等症:レーザー治療
  • 軽症:圧迫療法(弾性ストッキング)、硬化療法
  • その他、ストリッピング手術・高位結紮術があります。

***重症な逆流を治療せずに、硬化療法等を行えば、一時的に 改善したように見えても、必ず再発・悪化します。***

レーザー治療 血管内レーザー焼灼術:局所麻酔(+静脈麻酔)、逆流防止弁が壊れ、悪さばかりしている静脈の中にレーザーのファイバーをいれ、レーザー光線の熱によって、静脈を内側から焼き潰します。焼き潰れた静脈は徐々に縮小・吸収されるため、ストリッピング手術のように、静脈を抜き去る必要はありません。抜き去ることで起こる合併症を少なくできます。傷は針穴だけです。

レーザー治療は日帰りで行います。日帰りレーザー治療(手術)のメリットや術前・術後の注意点に関する詳細はこちらをご覧ください。

微小切開静脈瘤切除
(Stab Avulsion)
局所麻酔、数ミリの傷から専用のフックを入れ、ボコボコの瘤を取り去ります。
硬化療法 硬化剤というお薬を注射し、ガーゼで圧迫します。治療後注射部位にしこりと色素沈着が起こり、3ヶ月から1.5年をかけてゆっくり直ります。
圧迫療法
(弾性ストッキング)
昼間、お仕事中に着用します。夜間は必要ありません。 脚を圧迫することで、逆流して起こる血液のたまりを予防・軽減します。圧迫する力は足首がもっとも強く、上にいくほど低くなる構造(減圧圧迫)のストッキングが必要です。これにより筋肉ポンプ作用を補助します。
高位結紮術 静脈血の逆流を防ぐために、足の付け根で静脈を縛ります。患者様への負担が少ない一方、根治させることが難しく再発のリスクが高いため、現在ではあまり行われていない治療方法です。
TEL:06-6623-0236アクセス
一番上に戻る